入間市下藤沢のBarber ism  TEL:04-2960-3533

入間市下藤沢のBarber ism  TEL:04-2960-3533

メインメニュー

BLOG

サハラ砂漠で積雪が観測されたらしい

今週、月・火とひとり旅的なのをしてきたんだけど

それは今度書くとして

その旅のなかで読もうと思って持って行ってたのが

071

伊坂幸太郎「砂漠」

この伊坂幸太郎さんの作品は

陽気なギャングが地球を回す(三部作)

ラッシュライフ・重力ピエロ・アヒルと鴨のコインロッカー

ゴールデンスランバー・グラスホッパー

終末のフール・オー!ファーザー・火星に住むつもりかい?

(順不同)

多分これ以上読んでると思われるけど

思いつくまま

この方の作品ちょっと面白い

普段僕が読む作者さんたちとは違う書き方で

読むのに少しエネルギーが要る

ページも多いし、文字数も多いと思う

そして殆どが仙台が舞台

作者の伊坂さんが住んでるかららしい

そして幾つかの作品で被って出てるキャラがるんだけど

もしかしたらいつか全部つながるのか?

と思ったら

それはそれで別なキャラとしてなっていたり

不思議な世界観

そして今作品「砂漠」は

社会・砂漠に出る前の大学生男子3人、女子2人の青春群像劇

この作者らしく、キャラが立ってて濃いぃ~

思わず笑ったり、納得したり、驚いたり

砂漠に雪がふらせる事ができる

そう言い切れる真っ直ぐな西嶋から目が離せなくなり

行き帰りの電車、飛行機すっかりハマって読み切り

今までで一番好きな作品かも

西嶋の熱さとウザったさを読むなら夏

今作品は是非夏に読んでほしい

夏休みお暇ならおすすめです

 


2019年8月15日


遅くなったご報告

今月は特別に第2週と第3週

連休をいただきまして

なので、今週は今日水曜日から

営業開始です

が、申し訳ございません

今日は早めの営業終了とさせていただきました

なんか調子悪いな~

おかしいな~

と騙し騙しやってたんですが

先週の夏風邪は治ったんですが

ど~にもならんと

早めに営業終了しまして

野戦病院と呼ぶ

困ったときはの

わかさクリニック行ってまいりましたところ

67915190_2460212860726682_7986570808799526912_n

軽めの熱中症でした

点滴一本でだいぶ復活しまして

明日から通常営業いたします

ご迷惑おかけいたしました

 


2019年8月14日


フェスの後始末

お盆休み真っ盛り

台風10号気になるところですが

なんとか大きく外れてほしいものです

そして当店8月のお休みは

第2週、第3週の月・火連休いただきます

ですので

明日、明後日

12.13はお休みです

よろしくお願い致します

さて、昨日に引き続き

行き付け田中水産の

カウンターのFW陣の中で

「お前は秘密兵器だ」と言われ続け

出番のないまま北海道へ転勤したY輔

夏休みで帰ってきたものの

みんなと休みが違い、暇してたんで声をかけ

月曜日に都内へ行くついでに待ち合わせ

いつか連れてってくれと言われてた

赤羽へ行った話

003

1軒目の「いこい」おじさんABC乱闘フェスは

昨日書いたんだけど

その後、僕の行き付け

立呑BARをはしご

僕は慣れたもので

ちゃんぽんしないよう

呑みすぎないよう

ハイボール何杯までと決めてるんだけど

Y輔は「立呑いこい」でサワーを呑んで

BARでスパークリングワイン呑んで、白ワイン呑んで

次のBARで赤ワイン呑んで、ハイボール!

メッチャちゃんぽんしてた

「北海道行ってすすきので鍛えられたんですよ~」って

が、その後

BARの外のベンチで寝る

こりゃダメだと一緒に連れ帰る

池袋でいなくなり遭難

何回も電話鳴らすも出ず

探し回ってトイレで寝てるのを発見

レッドーアローで寝て、所沢で起こす

小手指止まりで起こして

小手指駅で飯能行き来て起こす

武蔵藤沢で起こし

タクシーに乗って帰るからって列に並ぶのを見て一安心解散

そして翌朝、LINEが

全く記憶ありません、暴れましか?

暴れたのはフェスおじさんたちで

昨日の流れを教えると

「だからか」って

何が?って聞くと

武蔵藤沢のロータリーのベンチで2時まで寝てて

タクシーなくって歩いて帰ったって

そこか~~一緒に乗って帰るべきだったか~

ってだから永遠の秘密兵器、ベンチウォーマー

その点、田中水産カウンターのFW

常にレギュラーの僕ともなると

朝5時、なんの虫の知らせか?

急に目覚め、iPhoneどこだ?ない!

自分のiPhoneに電話しみるも

「おかけになった電話は電波の届かないところにあるか

電源が入ってない・・・」

何故?どういう状況?

記憶をたどる

最後に使ったのは

レッドアローに乗る時、ネットで取った席だから

iPhone見ながら席についた・・・

慌てて武蔵藤沢駅へ

駅員さんに聞く

iPhoneのシリーズを聞かれ色を聞かれカバーを聞かれる

赤のミッキーマウスって朝5時過ぎに答える40半ば過ぎ

すると飯能駅にあると!レッドアローで忘れ物

その足で取りに行き

帰ってきて一安心で一眠り

そして起きてY輔のLINEに何事もなかったように出れる

これがレギュラーとベンチメンバーの差!


2019年8月11日


距離感

距離感ってのが大事で

僕は大人になってからの友人との距離感と

学生の頃からの友人との距離感は違い

学生の頃の友人のほうがぐっと近い

そしてむしろ高校の時からの友人は

僕の被害者たちとも言え

さんざん僕に付き合わされていて

BBQから飲み会と始まり

アメ車のイベント、落語、ガンダム

今度は男二人旅なんてのもあり

完全に振り回してます

ある時、同窓会して

学生の時、あまりつるまなかった友達と意気投合し

グループが出来たんだけど

しばらくして・・地が出てきてw

あ~こういう感じだから

当時付き合わなかったんだなって思い出すw

そしてお互い様だったようで

そのグループも段々と自然消滅

そう!人とおつきあいする距離感って大事

もう少し距離感持ってお付き合いすれば

そのグループもうまくいったはず

近づきすぎちゃった

この間、行き付け田中水産の

カウンターのFW陣の中で

「お前は秘密兵器だ」と言われ続け

出番のないまま北海道へ転勤したY輔

夏休みで帰ってきたものの

みんなと休みが違い暇してたんで声をかけ

月曜日に都内へ行くついでに待ち合わせ

いつか連れてってくれと言われてた

赤羽へ

ぐるっと一周してお店や街を紹介し

まずは立呑の聖地「いこい」へ

入ってすぐ不穏

入口付近のガタイのいいおじさん(A)と

歯のない連れのおじさん(B)

おばさんに大声でグイグイで口説いてる

それも大分下品に

あまり見ない光景

そこへおばさんの彼氏のおじさん(C)が戻ってきて

4人で盛り上がる

が、声の大きさ

禁止のおごり・おごられ

色んなことがおかしい

で、思ってたとおりの予想通り

脚本俺か?ってほどあっさり

揉めた

あっという間に大喧嘩

最初のガタイのいいおじさんこと A

「¥300おごってやったのにその態度はないだろ!」

プンスカ

でも、後から来た彼氏おじさん Cは

最初は低く丁寧に行ってたんだけど

Aが何かと上になりたがり

俺がいかに偉いか

そんな事も知らないのか!

お前はだめなやつだ!

どんどんマウントおじさんになるから

そこにベロベロの歯のないBが

もう関係なく暴言

あまりにわかりやすく揉め方向へ

そして手も出すし

店を巻き込みどっちが悪いとか?

コール・アンド・ノーレスポンス

もう話さない!お互い別でやる!

1秒後「おごってもらって礼も言わない」A

「こっちは頼んでないしそんな金すぐ返す」C

「おめ~○☓△$%#(意味不明)」B 胸ぐら掴む

「殴られた~」C ノーダメージでその場でしゃがみ込む

店のあちこちから帰れコール

その声にA反発!

誰だ~!お前!出てこい!

僕は間に入ったり諌める

で、店のおスタッフに警察呼んだ?って聞くと

さっき呼びましたって

したら

002

来るわ来るわ20人以上のおまわりさん動員

そう!これはフェスだ!おじフェス!

やんややんやで

AとBが引っ張り出されるも

大捕物の暴れるは叫ぶわ

帰れコール!オンパレード!

フェスだ!

結果パトカーで連れて行かれちゃった

お泊まりかな

で、おまわりさん「事の顛末、初めから見てた方いませんか?」

って来たんで、そりゃもう~最初から見てたから

説明したんだけど

結果、わかりやすく言うと「距離感」

はなっから土足でひとんち上がっちゃってるもの

 

追伸

お店のために書いとくと

「いこい」普段はそんな揉めることはない

なぜなら店のスタッフは甘やかさない

酔っ払えば、もう良いでしょと帰される

揉めそうな雰囲気1つで帰される

おごりおごられ勿論禁止

携帯電話も禁止

甘やかさない

じゃあなぜその日?

割と暇なその時間

そのスタッフ達がいなく

入って間もない若いお兄ちゃんしかいなかったから

僕が見てももう飲ませないほうが

もう隣と話させないほうが

って思ったくらいなので

彼は今回ので距離感を学び

次からビシバシ甘やかさないでしょう

 


2019年8月10日


先生、お見事です

大宅壮一ノンフィクション大賞、講談社ノンフィクション大賞

ダブル受賞の実話原作を映画化した

ダウンロード

「こんな夜更けにバナナかよ」

水曜どうでしょう軍団として

大泉洋先生の作品なので手を取ったけど

そうでなければ先ず取らなかった作品

ちょっと苦手なジャンルかな

筋ジストロフィーの患者で

親か施設の24時間介護、2択しかなかい障害を抱えながら

自立する!と病院を出て

大勢のボランティアに助けられ24時間支援の自立生活を送った

鹿野靖明さんの実話

予告編でも観たけど

かなりわがままw

タイトル通り、夜中にバナナが食べたいと

ボランティアに買いに行かせる

それ以外にも自己中心的な発言、多々あるんだけど

その度にびっくりするのは

それは「人に迷惑をかけない美徳」

が日本人に脈々とあるからだと思う

そのワガママにみんな振り回されるんだけど

「自分の命に責任を持ってる」って強い生き方に

引かれる部分がどんどん出てくる

実際に500人くらいのボランティアが携わり

亡くなった後も会ったりしてるそうで

それは鹿野さんの魅力が引き合わせ続けてるんでは

今までの障害者とボランティアや介護者の

立ち位置を全く変えさせれられる

これが正しいとか間違ってるじゃなく

これが鹿野さんの生き方で

それに携わったボランティアの方々の立ち位置だったんだと

勿論やめた方もいたそうだし、それも立ち位置

そしてボランティアや友人は

この映画を見て「鹿野がいる!」

って大泉先生を観て語ったそうな

そう今作、大泉先生!

顔と手の演技だけでこれほどとは!

いつの間にこんなに演技の幅が!

さすがは先生だもの~

先生の代表作の1本間違いないし!

 


2019年8月9日


« 前のページ 次のページ »

カテゴリー